エンジンオイル屋

鉱物オイルと化学合成オイル耐熱性比較

ISOTテストで耐熱性を証明
ISOT TESTとは

165.5℃の高温で24時間加熱 このテストで熱による劣化速度 オイルの耐久性がわかる公平を期すために 第三者機関である 三和工業分析機関 にて実施

代表取締役 下地直樹

ISOT TEST 結果

数値ではわかりにくいため グラフ化しています 使用前のものより使用後のグラフが落ち込みが大きいほど 熱に弱く 耐久性が無い事を示している

耐熱性を証明!

数値は粘度で、テストスタート時の粘度は RIZOILが16.84でM社が19.34とRIZOILが粘度が低い状態です 
165.5℃で24時間加熱 をするとエンジンオイルは劣化しますが 
RIZOILは粘度が過熱後16.43と0.41Downに対し M社は15.47と3.87Downとし
テストスタート時のRIZOILよりも粘度を失っていることがわかります  このテストよりRIZOILは劣化が少ないことが確認できました。

Super ZINC配合
Super zinc 配合

Super ZINCは弊社独自の摩耗を抑制する添加剤です 冷えたエンジンをスタートさせるとき エンジンオイルは重力でオイルパンにさがってしまっています 

そつまりオイルが無い状態でエンジンをスタートさせる事になり この時にエンジンは摩耗しやすいのです RIZOILはこの摩耗から逃れる為にSuper ZINCと言う添加剤を配合し 摩耗を抑制しています

ナチュラルアディティブ含有
ナチュラルアディティブ(天然の添加剤)含有

ベースオイルには不純物は不要との考えがありました しかいその不純物の中に有効な不純物があることが分かってきたのです 

その不純物の事をナチュラルアディティブと呼んでいます つまり天然の添加剤です このナチュラルアディティブは自然の物ですから 劣化しにくいために 大変オイルの耐久性を高めてくれています

エンジンオイルが長持ち

ISOT TESTの結果からエンジンオイルの耐久性を試験 実車試験において 20,000㎞無交換走行に耐えた

黒くなってしまう原因である ポリマーを排除し特殊な製法にて作られた”RIZOIL”

RIZOILはポリマー不使用

RIZOILはオイルが黒くなる原因のポリマーを配合していません よって黒くなりにくいエンジンオイルに仕上がっています 黒くなりにくいため Group2ベースオイルとの相乗効果で耐久性を高めています

RIZOILはエンジンの冷却性に優れます

他のエンジンオイルと比較すると最大10℃ほど油温の低下があり オーバーヒート 熱ダレを抑制します

騒がしいエンジンを静かにする

ポリマーを使わない特殊な製法により エンジンはとても静か 

燃費の向上

特殊な製法により劣化しにくいエンジンオイルだからこそ 燃費のの落ち込みも少なく 経済的で快適なドライブが楽しめます    

RIZOILで楽しいドライブ

エンジンを強力に保護し いつまでも快適なドライブを提供いたします

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間にお買い物いただき、クレジットカードにて決済いただくとキャッシュレス・消費者還元事業の対象となり5%分の還元がうけられます。