エンジンオイル屋

KENDALL GT-1

について

RIZOILは化学合成オイルを超える耐熱を証明します

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間にお買い物いただき、クレジットカードにて決済いただくとキャッシュレス・消費者還元事業の対象となり5%分の還元がうけられます。

RIZOIL GT-RSシリーズについて

KENDALL GT-1 は120年の

歴史を誇る老舗オイルメーカー

私がこのkENDALLを扱いだしたときは オイルの色がグリーンでした グリーンはペンシルバニア産の証だったからです しかし現在はペンシルバニア産ではなく Group2とGroup3のをブレンドしています 現代のエンジンに適応するためです 昔の品質と現在の品質では異なる商品となっています 高い保護性能を発揮いたします

KENDALLの特徴

液体チタンとは

液体チタンとは金属の摩耗を抑える為に作られた添加剤

燃費の向上

低粘度による燃費の向上 一般的な低粘度オイルと比較すると 燃費性能が向上

鉱物と化学合成のブレンド

近年のエコカーに対応させるために出来た 鉱物オイルと化学合成オイルのブレンド

静粛性の向上

鉱物オイルを使用することで 耐久性を大幅にアップ エンジンの静粛性が長期間持続します

オーバーヒートを防ぐ

RIZOILほどではないですが 一般的なエンジンオイルと比較するとエンジン冷却性は非常に高いものがあります 

高い耐久性

一般的なエンジンオイルと比較すると非常に高い耐久性を示します オイルが長持ちします

RIZOIL GT-RSシリーズ

製品情報
ベースオイル : Group2 及びGroup3
ディーゼル対応: 未対応
DPF対応: 未対応
対応車種: 4サイクルエンジン全般及びロータリーエンジン
添加剤: 液体チタン
ポリマー: ポリマー使用
API: SN
バイク対応: 未対応
よくある質問

オイル交換はどのくらいで行えばいいのでしょうか?

ネットで交換サイクルを議論しているのをみかけます 結論から言うと交換サイクルには答えがありません 

なぜなら エンジンの状態は同じ車 同じ走行距離であっても違うからです エンジンの状態が悪ければ ブローバイガスは多く出ます それがオイルを汚していきます 

ケンドールの昔を知る人はその品質に驚かされたものです しかし 現代のエンジンに適応させるために変わったケンドールは物足りない気がしている方も多いですね  

20W-50を入れると燃費が悪くなるか心配です

白煙やオイル消費があるエンジンなどは 圧縮が落ち気味です 高粘度は圧縮回復させる効果も期待できますので 逆に燃費が改善する例も多数報告されています

20W-50をどの高粘度を入れても壊れませんか?

高粘度だからと言って壊れることは物理的にありえません どんなエンジンでも対応しています 

時々”こんなオイル使うと壊れる”と言う整備士がいます 何の根拠もありません お客様の不安をあおり自社商品を売るための手段です 整備士は修理のプロではありますが エンジンオイルのプロではありません もしその様な場面に遭遇した場合はご連絡ください 私が対応いたします

常識的に考えて ”20W-50など高粘度を入れると壊れる”ならば 世界中のオイルメーカーが製造するはずはございません 壊れてしまった場合 その損害賠償責任が大きくのしかかってきます そんなリスクを背負ってまで販売することはありません 販売されていると言うことは その証明をなしているから 販売を続けているのです

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間にお買い物いただき、クレジットカードにて決済いただくとキャッシュレス・消費者還元事業の対象となり5%分の還元がうけられます。