キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間にお買い物いただき、クレジットカードにて決済いただくとキャッシュレス・消費者還元事業の対象となり5%分の還元がうけられます。

バイクのシリンダーヘッド脱着 

シリンダーヘッド脱着の方法



ヘッドボルトを外す

ヘッドボルトは高トルクで締め付け、さらに非常にテンションがかかる硬いボルトを使用しているので、インパクトレンチを使うと作業が早いでしょう。安価な電動インパクトレンチでは恐らく緩むことはありません。



シリンダーヘッドを留めているボルト

シリンダーヘッドを留めているボルトはヘッドの下にもあったりするので、このボルトを緩めないと外れない。



シリンダーヘッドをプラスチックハンマー、ゴムハンマー等で叩き外す。

シリンダーヘッドを叩く

シリンダーヘッドは、ガスケットで固着しています。プラスチックハンマーやゴムハンマーで叩くと固着が外れます。空冷エンジンはフィンを折らないように注意しましょう。思わず力が入って折れてしまう事が多いです。



シリンダーヘッドが外れる

これでシリンダーヘッドが外れます。



こびりついたガスケットをはがす

スクレーパーを使い丁寧に削り落としていきましょう。



オイルストーンを使い磨きます

スクレーパーでは落ちなかったガスケットをオイルストーンを使い磨いて落としていきます。



外したついでにカーボン除去

せっかく外したのですから、カーボンを除去しましょう。

カーボン除去剤
燃焼室洗浄(カーボン洗浄剤)の方法>>



燃焼室のカーボン

燃焼室にカーボンが付着すると、ノッキングの原因になります。ノッキングはエンジンブローの原因となりますので、分解したら、必ずカーボンの除去をしましょう。せっかく外したのですから、カーボンを除去しましょう。

カーボン除去剤
燃焼室洗浄(カーボン洗浄剤)の方法>>



組み立ては逆の手順で行います

組み立て時の注意。

使ったヘッドボルトの再使用は厳禁です。ヘッドボルトは締め付けた時にボルトは伸びる事でテンションがかかるようになっています。使用したヘッドボルトは熱が加わることで伸びきってしまいますので、再使用するとヘッドが吹き抜けを起こす危険があります。

ヘッドガスケットは裏表があるものがありますので確認を怠らずにガスケットを組みましょう。

カーボン除去剤
燃焼室洗浄(カーボン洗浄剤)の方法>>



ヘッドボルトをトルクレンチを使い規定トルクで絞める

ヘッドボルトは規定トルクで締め付けます。対角線上に締め付けて完成です。

バイクを自分で整備しよう!

バイクのエンジン錆び取り剤い「アルミレスキュー」

バイクのガソリンタンク錆び取り剤「タンクレスキュー」

バイクのキャブレター洗浄剤「キャブテック」

バイクのホイール錆び取りブレーキダスト洗浄剤「アルミレスキュー」


バイクのエンジン内カーボン除去剤「キャブテック」

バイクのラジエター洗浄剤「ラジクリ」

バイクの塗装面傷と理財「G&E」