エンジンオイル屋

愛車に最適な粘度の選び方

オイルの粘度で走りはガラッと変わる 
  • 受付時間9:00~18:00
    土日祭日は除く

愛車に最適な粘度の選び方

粘度選びの方法はいくつかあります 

粘度選びは指定粘度にこだわらないで欲しい

使い方 環境 エンジンの状態 によって選び方が変わる

まず新車の場合を例にとってみましょう 新車は摩耗もありませんから 指定粘度でほぼ十分です 

 エンジン負荷軽減を目的とする

 貨物を積んで走ったり 坂道が多い地域 高速道路を多用 などの場合は指定粘度では足りない場合もあります エンジンに負荷がかかるからです エンジン委負荷がかかる場合は 指定粘度よりひとつ上の粘度を選びましょう モータースポーツをする人たちが20W-50などの高粘度を使うのはこの理由もあるからです 

そうすることで粘度がエンジンの負担を軽減してくれます 粘度にはエンジン負荷の軽減の役目もありますよ

燃費を優先させる

燃費を優先させたいと思い 低粘度を使うのはチョットまった! 走行距離はどのくらいですか?新車からの走行距離が短いのであれば 低粘度でも良いとおもいます しかし走行距離が10万kmを超えているようなエンジンに低粘度を入れると 燃費が良くなるどころか オイル消費や白煙 オイル漏れの原因になりかねません

摩耗したエンジン

走行距離が多くなればなるほど 粘度は上げましょう 粘度を上げることによって 圧縮が回復され トルクが太り 逆に燃費が良くなる場合も多いのです

目安として 走行5万㎞を超えるエンジンは粘度をひとつ上に上げるとよいでしょう さらに走行距離が10万㎞程度であれば 指定粘度よりふたつ上の粘度つまり 0W-20ならば10W-40程度にする方がよいと思います さらに10万㎞を超えるエンジンは 摩耗の程度が気になります 最高粘度20W-50を使っても構わないでしょう 20W-50と聞くと硬い 重たいと思う方もいると思いますが RIZOIL GT-RS 20W-50の場合はその様な事は少なく5W-30を使っていた方でも違和感なくご使用いただけるとと思います

走行距離がわからない古い車等

走行距離がわからない メーター改ざん車など このような場合は迷わず20W-50 気密性を最大限に高めてくれる粘度が一番安心です  画像のようにエンジンの中がどうなっているのかが想像もつかないからです 

どれをえらんだら良いのかわからない場合はご相談ください

私エンジンオイルのプロフェッショナルが相談に応じます

 

RIZOIL GT-RS シリーズは合理主義から誕生

0W-20を使うと燃費は向上するのですが 走行距離が増えてくると エンジンの摩耗により オイル消費などの問題に対応しにくくなります RIZOILは摩耗したエンジンにも対応しながら 燃費を落とさないように設計されたエンジンオイルです しかも新車のエンジン及び化学合成オイル指定エンジンにも対応しています

エンジンにドーピング!RIZOIL GT-RSシリーズ

エンジンにRIZOILドーピング!パワーアップ!
RIZOIL GT-RS 10W-30 SN/CF

新車からっ中古車まで幅広く使用可能なエコカー向けエンジンオイル 耐久性抜群で経済的

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 10W-40 SN/CF

摩耗が気になりだしたらGT-RS 10W-40 中古車を購入した これから先大事にしたいという方には最適な粘度

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 20W-50 SN/CF

走行距離がわからない車や 10万㎞を超えるようなエンジンはこの粘度が最適 白煙対策にも

1缶 11,220円(税込 4リットル)

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間にお買い物いただき、クレジットカードにて決済いただくとキャッシュレス・消費者還元事業の対象となり5%分の還元がうけられます。