エンジンオイルは走れば走るほど減ります!
エンジンオイルの消費量

新車でホンダ スーパーカブを購入して
10年間オイル交換していないと言うお客様がいらっしゃいます。
さすが、世界のロングセラー・世界のベストセラーです。
これで壊れないのですから・・・(・o・)

しかし、オイルを抜いてみると、タラ~と少量のオイルが・・・
そう!オイルがほとんど入っていなかったのです。
走行距離20000㎞エンジンからは、ガラガラと異音がしています。

通常一般の方は、エンジンオイルは、1リットルのオイルを入れると、交換時には、1リットルのエンジンオイルが排出されると思っている方が多いようです。

実は、私も昔はそう思ってました。エンジン内部では、燃焼室(ガソリンが燃える所)で、オイルと一緒に少量ずつ燃えています。
10000㎞走って、およそ500cc~1000cc程消費します。

スポーツタイプの車は消費が速い

例えば、インプレッサ・ランサー エボリューション・インテグラTypeR・シビックTypeRなど
スポーツタイプのエンジンはクリアランスが広めに造っているようで オイルの消費は早くなります

おおよそ3000kmで1Lほど消費があるようです。


ピストンリングが摩耗や固着などを起こすと その隙間からオイルが燃焼室に入り込み

消費をするようになります。

これが進むと煙吐きなどに進んでしまうのです

エンジンオイルの消費量は車種・走り方などで大きく変化します。

特にアクセルのONとOFFが激しい走り方や

長い下り坂を走ったときに起きます

オイル消費はアクセルをOFFにしたときに起きます
これはシリンダー内部が負圧状態になるためのようで、オイルが吸い出されシリンダー内に入り込み燃焼しているのです。

 

ONとOFFが激しいはしりかた。長い坂道でアクセルをOFFの状態が続くときに起きます。消費量は、走り方、エンジンの磨耗具合で変わりますから、一概にこのくらいとは言えません。

 

同じ車でも1000キロで1リットル消費する車もあれば、10000キロで1リットル消費する車もあります。

僕の車は2万キロしか走っていないから大丈夫・・・

 

でも1000キロで1リットル消費する。前の粘度は**W-30で今回**W-20に変更したら消費するようになった・・・

クリアランスが広がった車に使えば、当然なことです。


これは、エンジンオイルの質が悪いからではなくエンジン自体が原因なのです。新車で購入した車であれば、20000キロ程度であれば、オイルの消費は少ないと思われますが、中古車で20000キロの場合でオイル消費が早いものは、メーター改ざんの可能性もありますので、気をつけましょう。