エンジンオイル屋

渋滞時に油温上昇?それともエンジンを回した時に油温の上昇?

油温上昇の対策
  • 受付時間9:00~18:00
    土日祭日は除く

スピードと油温は必ずしも比例しない。

油温上昇はどんな時に起きていますか?それにより手当の方法が変わります   

あなたのエンジンはどんな時に油温が上がっていますか? 渋滞時に温度が上昇していませんか? それともエンジンを回した時に上昇していますか? それにより対策も変わってきます 

速度と油温は比例しない

例えば 街乗りと高速道路の場合 どちらが油温が低いのか? それは高速道路の方が油温が低くなります なぜなら走行風がエンジン全体を冷やしてくれます さらに走行風はラジエターを冷却してくれるからです

むしろ渋滞時の方が油温は上昇することになります    

低速時(渋滞時)の油温上昇対策 

エンジンの型式にもよりますが、空冷エンジンなどは 走行風を受ける事でエンジンを冷却します つまり 走行しないとエンジンの冷却が出来ないエンジンです しかも速度があがれば上がるほど エンジン冷却効果は高くなりますが 道路は一定の速度で走れる場所は高速道路ぐらいしかありませんよね 

峠などは速度が上がったり落ちたりを繰り返し エンジンの冷却効果もそれに比例して上がったり落ちたりを繰り返し エンジンパフォーマンスを一定に保つことが難しいエンジンです 基本エンジンの冷却は空冷ならば 走行風 水冷ならば冷却水ですが どれも共通するのがエンジンオイルでの冷却です

簡単な対策の一つとして ボンネットの下にあるゴムを外す事 これにより 前面から入ってきた走行風はこの部分から抜ける事になります これひとつで水温油温が下がる可能性もありますので 是非試してくださいね 

エンジンルームがビッシリと詰まっているものは 冷却が困難

近年のエンジンはラジエターだけで冷却することを前提に作られているようです それによりエンジンルームはむき出しのエンジンは無く ご丁寧にカバーがしています これにより エンジンはさらに冷却が困難となっています      

これらを改善するのはエンジンオイルしかありません   

エンジンオイルはエンジンの冷却に大きく貢献しています

エンジンオイルはエンジンの中を熱を吸収しながら循環しています その為油温が上昇するのですが その上昇したオイルを冷ます方法が2つあります

             

1:オイルクーラーなどの冷却装置を使う

2:冷却性の高いエンジンオイルを使う

後者だとお金もかかりませんよね 

  

冷却性が高いRIZOIL GT-RS シリーズ

ライズオイルは市販されているエンジンオイルの中でも特に冷却性が高いエンジンオイルです       冷却性が高いエンジンオイルのメリットは各部を冷やすことで 様々なエンジントラブルを防止することでしょう

目的別に開発された”RIZOIL MOTOR OIL”

RIZOIL GT-RS 10W-30 SN/CF
省燃費車 専用設計

鉱物オイルに出来るギリギリ限界まで粘度を抑制し 省燃費性能と静粛性を両立させたエンジンオイル

一般的な0W-20並み もしくはそれ以上の省燃費性能を発揮 さらに10W-40並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 10W-40 SN/CF
摩耗が気になる方中古車を購入した方向け専用設計

50,000km以上走行の中古車を購入された方に最適 走行を重ねてくると エンジンパフォーマンスが次第に低下していきます 圧縮を回復させエンジンパフォーマンスを最大限に引き出します 

一般の5W-30 or 10W-30並みの省燃費性能と一般的な20W-50並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 20W-50 SN/CF
旧車 過走行 白煙 オイル消費のあるエンジン専用設計

100,000km以上走行したエンジン向け 旧車など走行不明なエンジンに最適 高い圧縮回復効果で 白煙やオイル消費対策にも

一般的な10W-40並みの軽快さを持ち SAE60並み静粛性を併せ持ちます (ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)