エンジンオイル屋

エンジンをクリーン保つライズオイル

RIZOILはスラッジ化を抑制し エンジン内部を綺麗な状態で保ちます  
  • 受付時間9:00~18:00
    土日祭日は除く

エンジン内部を綺麗に保つ秘訣はノンポリマー

ロングライフエンジンオイルは信用できない? はい 普通のオイルなら

ロングライフエンジンオイルは世の中に沢山あります 外国車のメーカー純正では当たり前です ですが ロングライフを信じて交換しないでいると エンジントラブルになることもしばしば

                 

耐久性があると言ってもオイルは必ず黒くなります 黒くなってしまうと誰しもオイルが劣化したと判断し 交換を考えます しかしメーカーは交換するなと言いますよね とても心配です 

        

オイルはなぜ黒くなるのでしょうか? なぜ交換しなくてもいいのでしょうか?

       
黒くなる原因のひとつはポリマー

エンジンオイルを作るために入れている添加剤”ポリマー”

エンジンオイルが黒くなるのは エンジンの中の汚れを取っているから黒くなると言われています  しかしそうではありません なぜなら新車の場合エンジンに汚れなんてないのに なぜ黒くなるの? これを答えられる人は少ないでしょう

粘度を作るうえで ほとんどのエンジンオイルにはポリマーを入れています 料理で言えば 片栗粉の様な存在で サラサラなベースオイルに片栗粉の様な存在である”ポリマー”を入れる事で ドロドロにしていきます これがポリマーの役目 しかしポリマーは劣化が早いのです         

ポリマーは熱に弱く せん断に弱い

添加されている”ポリマー”は熱に弱く せん断に弱いから 黒くなるのです 黒くなる原因はポリマーが劣化したから これが黒くなる原因のひとつです の劣化したエンジンオイルを使い続けると ガソリンが燃焼した時にオイルも少量ずつ燃えていますから その燃えカスが大量のカーボンを発生させます

そしてエンジンオイルはカーボンを取り込み さらに黒くなっていきます そうして出来たのが画像の様なスラッジです ポリマーを使っていなエンジンオイルは    

普通のロングライフは黒くなる しかしRIZOILは黒くならない

普通のロングライフはポリマーが劣化して黒くなってしまいますが RIZOILはポリマーを使用していない為 黒くなりにくい設計です その為20,000kmもの無交換テストに耐えることが出来るのです あなたの使用しているロングライフエンジンオイルはいかがでしょう? すぐに黒くなってしまいませんか?

スラッジ化を抑制するのはRIZOILです 

RIZOILの欠点として 黒くなりにくいために オイル交換時期がつかみにくい オイル交換は走り方 環境  エンジンの状態により異なります
テスト車両 2016年式 ホンダ オデッセイハイブリッド 新車で購入した車両にてテスト    

目的別に開発された”RIZOIL MOTOR OIL”

RIZOIL GT-RS 10W-30 SN/CF
省燃費車 専用設計

鉱物オイルに出来るギリギリ限界まで粘度を抑制し 省燃費性能と静粛性を両立させたエンジンオイル

一般的な0W-20並み もしくはそれ以上の省燃費性能を発揮 さらに10W-40並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 10W-40 SN/CF
摩耗が気になる方中古車を購入した方向け専用設計

50,000km以上走行の中古車を購入された方に最適 走行を重ねてくると エンジンパフォーマンスが次第に低下していきます 圧縮を回復させエンジンパフォーマンスを最大限に引き出します 

一般の5W-30 or 10W-30並みの省燃費性能と一般的な20W-50並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 20W-50 SN/CF
旧車 過走行 白煙 オイル消費のあるエンジン専用設計

100,000km以上走行したエンジン向け 旧車など走行不明なエンジンに最適 高い圧縮回復効果で 白煙やオイル消費対策にも

一般的な10W-40並みの軽快さを持ち SAE60並み静粛性を併せ持ちます (ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)