エンジンオイル屋

空冷エンジン 真夏のパワーダウンを解消!

RIZOILは冷却性に優れたエンジンオイル 夏の渋滞での熱ダレに大変効果を発揮します きっとその性能に驚くことになります 
  • 受付時間9:00~18:00
    土日祭日は除く

真夏の渋滞の熱ダレいやですよね

熱ダレにお悩みですか?ライズオイルは熱ダレを解消してくれます  

エンジンオイルの働きには潤滑だけではありません エンジンの冷却というものがあります その冷却はエンジンオイルの性質で大きく異なります 特に化学合成オイルなどは 落いちどある一定以上の温度を超えると 温度が下がらなくなってしまいます これはエンジンにとって大変危険なことです 人間で言えば高熱を出しているのに マラソンしているのと同じです

高い冷却能力を持つエンジンオイルとそうでないエンジンオイルが存在します ライズオイルは大変冷却効率が高いので ある化学合成油と比較すると 最大10℃もの油温低減が可能です

この冷却性能は空冷エンジンにとってとても有効です

       
エンジン冷却に有利な鉱物オイル

いまさら鉱物オイル?

鉱物オイルは化学合成オイルに比べて劣ると思っている方も多いようです それは完全な間違い あなたが思っていることは耐熱性で鉱物オイルは劣ると思っているはず 設計の仕方によっては 化学合成オイルを超える事は可能なのです      

化学合成油だから 鉱物油だからとエンジンオイルの設計はそんな単純ではありません               

鉱物オイルのライズオイルが化学合成オイルの耐熱性を超えた証拠 

このテストはISOTテストと言います 165.5℃ 24時間加熱後の劣化状態を比較 したものです スタートRIZOIL 16.84に対し化学合成油 19.34の粘度指数を持っています 24時間後 RIZOIL16.43に対し15.47と大きくダウンしているのがわかります

一方RIZOILの粘度指数はほぼ変化無しで安定しているのがわかります つまり高温下では耐えられないことを意味します

だから空冷エンジンにの熱ダレを防止できるのです 

画像は20,000kmエンジンオイルの無交換テストを行った時のもの 普通のエンジンオイルよりも黒くなっていないのがわかりますよね   

RIZOILの欠点として 黒くなりにくいために オイル交換時期がつかみにくい オイル交換は走り方 環境  エンジンの状態により異なります
テスト車両 2016年式 ホンダ オデッセイハイブリッド 新車で購入した車両にてテスト    

目的別に開発された”RIZOIL MOTOR OIL”

RIZOIL GT-RS 10W-30 SN/CF
省燃費車 専用設計

鉱物オイルに出来るギリギリ限界まで粘度を抑制し 省燃費性能と静粛性を両立させたエンジンオイル

一般的な0W-20並み もしくはそれ以上の省燃費性能を発揮 さらに10W-40並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 10W-40 SN/CF
摩耗が気になる方中古車を購入した方向け専用設計

50,000km以上走行の中古車を購入された方に最適 走行を重ねてくると エンジンパフォーマンスが次第に低下していきます 圧縮を回復させエンジンパフォーマンスを最大限に引き出します 

一般の5W-30 or 10W-30並みの省燃費性能と一般的な20W-50並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 20W-50 SN/CF
旧車 過走行 白煙 オイル消費のあるエンジン専用設計

100,000km以上走行したエンジン向け 旧車など走行不明なエンジンに最適 高い圧縮回復効果で 白煙やオイル消費対策にも

一般的な10W-40並みの軽快さを持ち SAE60並み静粛性を併せ持ちます (ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)