エンジンオイル屋

エンジン内部の温度
RIZOILは油温を抑制

RIZOILは優れた冷却能力で油温を低下させます
  • 受付時間9:00~18:00
    土日祭日は除く

エンジン各部の温度を計測した資料を公開

クランクケースで油温を計測した場合の各部の温度

油温はクランクケース(オイルパン)で計測するのが一般的です このクランクケース(オイルパン)で93.24℃の場合 メインベアリングの温度は 93.4℃ ほぼ同じ

ではピストンリング(トップリング)では148.84℃にもなります 油温148.74℃の場合 ピストンリグ(トップリング)では342.99℃と高温です

        
ピストン部分の温度

ピストンの上面の温度

ピストン上面の温度 つまり燃焼室での温度は1,647℃ 油温が148℃の場合は2,757℃にもなる  燃焼室の温度は低ければ低いほど良い結果が生まれます

油温が大事という理由

これを見ると やはりエンジンオイルは耐熱性が大事と思ってしまいますよね? ピストンリグ部分の潤滑は 境界潤滑と言って エンジンオイルの力よりも 配合されている添加剤の働きが大きいのです ですから高温下であっても添加剤が働いているのです 弊社ではこの添加剤にSUPER ZINCを使用しエンジンを保護しています

冷却を行うためにはピストンの裏側からオイルを噴射ます 裏側からピストンを冷やすのです この時 オイルの温度が低ければ低いほど ピストンが冷やされます すると 燃焼室の温度が下がってきます 燃焼室の温度がさがると デトネーション(爆轟)を予防します つまり エンジンブローを防いでくれるのです デトネーションは燃焼室が高温になった時に起きるものです

SUPER ZINCについて

油温を下げるのはデトネーション予防

ターボ車にはインタークーラーというものが付いていますよね これはなぜ付いているのでしょう? パワーアップだけの為についている訳ではありません

インタークラーは冷たい空気を吸い込むことで 燃焼室の温度を下げる効果があるからです 冷たい空気を吸い込むことで 燃焼室の温度を下げ デトネーションを予防しているのです 燃焼室の温度が下がると空気の密度が増します 密度が増すと 燃焼効率が向上します 燃焼効率が良くなるとエンジンパワーが出ます 夏より冬の方がエンジンパワーが出やすいのはこのためです 

エンジンオイルの働きは潤滑だけではなく 冷却を行っています その冷却効果が高いエンジンオイルほど エンジンブローを予防してくれるアイテムとなります RIZOILシリーズは粘度にに関わらず冷却効果は同じ働きを行います    

RIZOIL は徹底した合理主義から誕生

RIZOILは冷却能力が非常に高いエンジンオイルです 油温が高い空冷エンジンやチューンドエンジン 競技の規定により改造が許されないエンジンなど RIZOILは大変有効に冷却が可能です

目的別に開発された”RIZOIL MOTOR OIL”

RIZOIL GT-RS 10W-30 SN/CF
省燃費車 専用設計

鉱物オイルに出来るギリギリ限界まで粘度を抑制し 省燃費性能と静粛性を両立させたエンジンオイル

一般的な0W-20並み もしくはそれ以上の省燃費性能を発揮 さらに10W-40並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 10W-40 SN/CF
摩耗が気になる方中古車を購入した方向け専用設計

50,000km以上走行の中古車を購入された方に最適 走行を重ねてくると エンジンパフォーマンスが次第に低下していきます 圧縮を回復させエンジンパフォーマンスを最大限に引き出します 

一般の5W-30 or 10W-30並みの省燃費性能と一般的な20W-50並みの静粛性を併せ持ちます(ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)
RIZOIL GT-RS 20W-50 SN/CF
旧車 過走行 白煙 オイル消費のあるエンジン専用設計

100,000km以上走行したエンジン向け 旧車など走行不明なエンジンに最適 高い圧縮回復効果で 白煙やオイル消費対策にも

一般的な10W-40並みの軽快さを持ち SAE60並み静粛性を併せ持ちます (ディーゼルDH-2相当)

1缶 11,220円(税込 4リットル)