キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間にお買い物いただき、クレジットカードにて決済いただくとキャッシュレス・消費者還元事業の対象となり5%分の還元がうけられます。

バイクのフロントフォークのトラブルの原因

フロントフォークのトラブル

オイル量

オイル量が少ない

オイル量が少ない。
オイル量が少ないとショックアブソーバーが正常に作動できません。異音の原因にもなります。

粘度が低い。
ショックアブソーバーはオイルがオリフィスという小さな穴を通過するときの抵抗を利用して動いています。例えば注射器で水を吸い込むのと、オイルのようなドロドロしたものを吸い込むのとでは抵抗が大きく違い、ドロドロしたものを吸い込む時はゆっくりと動きます。

ショックアブソーバーはスプリングの動きを早くするか、遅くするかの役目をします。粘度が低いと、動きが速くなり、劣化したオイルは早いために底付きするここともあります。また低速で走ると正常に作動するショックアブソーバーが大きな道路の凸凹ではガツンガツンと衝撃がくるようなことにもなります。

ショックアブソーバーのオイルは定期的に交換が必要です。



スプリングのへたり

スプリングがへたると、衝撃を吸収できなくなります。新品とへたったものは全長が変わってきますので目安とするといいでしょう。スプリングは上下がありますので、組間違いにも注意。

バイクを自分で整備しよう!

バイクのエンジン錆び取り剤い「アルミレスキュー」

バイクのガソリンタンク錆び取り剤「タンクレスキュー」

バイクのキャブレター洗浄剤「キャブテック」

バイクのホイール錆び取りブレーキダスト洗浄剤「アルミレスキュー」


バイクのエンジン内カーボン除去剤「キャブテック」

バイクのラジエター洗浄剤「ラジクリ」

バイクの塗装面傷と理財「G&E」