バイクのフロントブレーキのエア抜き

ブレーキのエア抜き

キャップを外し用意しましょう。

キャリパー側は最後なので、準備は最後でもOK。



ウェスで養生します。

キャップを外したら、ウェスなどで養生します。

ブレーキ液(ブレーキフルーイド)がこぼれても良いようにウェスなどで養生しましょう。こぼれたらすぐに拭き取ります。



ブレーキレバーを引く。

ブレーキレバーを引いたり戻したり、軽く引いたり、大きく引いたり、早く引いたり、ゆっくり引いたりとカップの中から泡が出てきているのを確認しながら行います。

早く引きすぎると、ブレーキ液(ブレーキフルーイド)が逆流して吹き出す場合がありますので注意すること。



穴から泡が出てきているのを確認。

穴から泡が出てきているのを確認します。泡が出てきてブレーキレバーが硬くなったらマスター側のエア抜きは一度終了。



メガネレンチを使うこと。

ブレーキタッチがなかなか硬くならない場合。

ブレーキタッチがなかなか硬くならない場合は、赤丸の部分にエアを噛んでいます。ブレーキを握ったままメガネレンチで緩めます。瞬間的に緩めるとすぐに締めること。

 



エア抜き

ブレーキを握ったままレンチを使い緩める。

緩めると、ブシュブシュと言ってエアが出てきます。これを繰り返すと、ブレーキのタッチが硬くなってきます。

ブレーキ液(ブレーキフルーイド)がこぼれても良いようにウェスを敷きましょう。緩めたままブレーキレバーを戻さないこと。ブレーキ液(ブレーキフルーイド)が無くならないように注意しましょう。

無くなると、一からやり直しです。



キャリパー側のエア抜きをする。

キャリパー側のエア抜きを行います。必ずニップルにはチューブを差し込み行いましょう。チューブの先にはペットボトルなどを用意して抜けたブレーキ液(ブレーキフローイド)が地面などにこぼれないようにしましょう。



チューブを使うこと

チューブを使う理由。

チューブを使う事で、出てきたエア(泡)が確認できます。この泡が無くなるまで、繰り返し行いましょう。無くなればOK!

後は反対側のキャリパーも同じ手順でエア抜きして完了です。決してブレーキ液(ブレーキフルーイド)がカップの中が空にならないように注意してください。

終わったら、水をかけたり、パーツクリーナーで洗浄し、塗装を痛めないようにしましょう。チューブはビニールチューブ内径4mmを使用


バイクを自分で整備しよう!

バイクのエンジン錆び取り剤い「アルミレスキュー」

バイクのガソリンタンク錆び取り剤「タンクレスキュー」

バイクのキャブレター洗浄剤「キャブテック」

バイクのホイール錆び取りブレーキダスト洗浄剤「アルミレスキュー」


バイクのエンジン内カーボン除去剤「キャブテック」

バイクのラジエター洗浄剤「ラジクリ」

バイクの塗装面傷と理財「G&E」