バイクの低回転でのキャブ調整(混合気)の不良

キャブレターの不良

パイロットスクリュー調整

パイロットスクリュ調整不良

パイロットスクリューの調整不良。

調整方法
右にいっぱいに締め込み、一回転と二分の一戻します。ここが基準となり、微調整してエンジンの調子を整えます。4気筒であれば同じ事を4回繰り返します。音に注意を払いエンジンの調子を整えます。



アイドリング調整

アイドルアジャスティングスクリューの調整が出来ていない

アイドリングが低すぎる場合はアイドリングの調整を行う。アイドリング調整を行っても不調の場合

・アイドリングしない
 圧縮不足
・アイドリングが不安定
 圧縮不足、2次エアーの吸い込み



パイロットジェットの詰まり

パイロットジェットの詰まり

パイロットジェットがゴミで詰まっていると空気と燃料が混ぜ合わさらないので不調になる。中の画像はオートチョークに向かう空気穴。下はその空気の流れこの中にゴミやサビがたまると不調になる。

キャブレター洗浄剤で汚れをしっかり落とす。必要があれば、ジェットを全て外し洗浄すること。ジェットの詰まりが激しい場合は、キャブレター洗浄剤に漬け込むといいでしょう。

キャブレター洗浄剤
キャブ洗浄剤>>



ジェットニードルの詰まり

ニードルジェットの詰まり

このニードルジェットへつながる空気穴の詰まりも原因になるので、しっかり洗浄すること。




スタート(スロー)ジェットの詰まり

スタート(スロー)ジェット系の詰まり

スロージェットにゴミや燃料のかたまりが詰まっている。その場合はキャブレターを分解し洗浄を行うこと。画像のものはスタート(スロー)ジェットが詰まっているのがわかる。

その他に、ジェットニードルピンの摩耗やフロートバルブの段付きなどが考えられる。必要に応じて部品は交換する。

キャブレターの洗浄>>



2次エアーの吸い込み

2次エアーの吸い込み

インシュレーターのひび割れから、エアーを吸い込みアイドリングが不安定となる。またキャブレターの調整をするパイロットスクリューの中に小さなゴムのパッキンが入っているが、このゴムが劣化して、この部分からエアを吸い込み不調となる場合がある。

どちらも古い車体に発生しますので、キャブレターのオーバーホールを行う時には、ひび割れやゴムの劣化を確認し組み込むこと。



油面の調整

油面が高い

フロートが低いと燃料の供給が足りず不調になり、高すぎるとオーバーフロー(燃料漏れ)の原因になる。



タンクキャップ

タンクキャップエアベントの詰まり

タンクキャップには空気抜きの穴があり、この穴が詰まると燃料がキャブレターに供給されないために、エンジン不調となる。



エアエレメントの詰まり

エアクリーナーエレメントの詰まり

エアーエレメントの詰まり。吸い込む空気量に対して、燃料が濃くなるために起きます。エアエレメントは定期的に交換しましょう。



エアクリーナーシールの忘れ

エアクリーナーパッキン(シール)の付け忘れ

エアクリーナーつなぎ目にあるパッキン(シール)の不良や付け忘れ。この部分から余分な空気を吸い込むことで燃調が狂い不調になるので注意。



キャブレターホルダーの緩みや亀裂

キャブレターホルダー(インシュレーター)が緩んだり、亀裂が入ると、2次エアーを吸い込むことになるのでしっかりと締めること。後ろ側がきれいにはまっていないと、空気を吸い込みすぎるので、これも不調の原因になる。



エアクリーナーダクトの緩み

エアクリーナーの吸い込み口が綺麗に取り付けられていないと、そこから空気を吸い込み始めるので、エンジン不調の原因になる。



エアクリーナー「O」リングの損傷

エアクリーナーOリングが損傷すると、その隙間から空気を吸い出すので不調となる。



燃料コックの詰まり、燃料フィルターの詰まり

燃料コック、フィルターにゴミが詰まりと、燃料の供給が正常にいかないので燃料不足となり不調となる。


バイクを自分で整備しよう!

バイクのエンジン錆び取り剤い「アルミレスキュー」

バイクのガソリンタンク錆び取り剤「タンクレスキュー」

バイクのキャブレター洗浄剤「キャブテック」

バイクのホイール錆び取りブレーキダスト洗浄剤「アルミレスキュー」


バイクのエンジン内カーボン除去剤「キャブテック」

バイクのラジエター洗浄剤「ラジクリ」

バイクの塗装面傷と理財「G&E」