お店に行くと、大量のオイルが並んでいます。どれを選んで良いのかもわかりません。店員に聞いても詳しい説明もありません。

 

インターネットで調べると、さらに情報は氾濫し、「良い」と聞いた物が、別のサイトでは「良くない」と書かれ、自分の車にはいったいどれが良いのか迷ってしまいます。

エンジンオイルというものは、走り方、エンジンの状態、目的、環境などに合わせて使用します。新車の時のエンジンの状態と10万kmを走ったエンジンの状態は全然違います。それなのに、同じエンジンオイルでいいのでしょうか?

 

街乗りしかしない方と、峠ばかり走る方同じでいいのでしょうか?同じ街乗りの方で同じ車で走行距離が違えば、エンジンの状態も変わります。今までのオイル管理の仕方で、5万kmしか走っていないエンジンでもガタガタのものもあります。

 

あなたの走り方、使い方、エンジンの状態、環境、目的に合わせて頂くために、沢山の種類のエンジンオイルが販売されているので、どれも同じではないのです。

 

沢山のオイルの中からどれが自分の走りやエンジンの状態に適合するのかわかりませんよね?分からないから、インターネットなどを使って調べ、今このホームページにたどり着いているわけです。

 

多くの方は、身近な方や身近なツールで情報を得ています。ですが、情報元はオイルに関してのプロでしょうか?インターネットでは、誤解した知識のままネットの載せている場合も多数見受けられます。果たして、それは本当なのか、違うのかの判断ができません。

 

情報が氾濫していて、調べれば調べるほどわからなくなります。

「どこの誰に教えてもらって良いのかわからない」ってことがよく分かりました。調べれば調べるほど混乱するだけの状況です。

 

このため、「エンジンオイル屋」では、 誰にでもわかりやすくエンジンオイルの役目や重要性、さらには愛車を長持ちさせる方法を解説しております。

 

エンジンオイル管理はメンテナンス(整備)の基本です。ところが、オイルだけまめに交換していても、愛車は長持ちしてくれません。

 

車は部品の集合体。エンジンだけをメンテナンスしても他が悪いことってたくさんありますよね。お困りの症状はエンジンオイルが原因ではないものもたくさんあります。

 

エンジンオイル屋店長があなたの愛車にとって、最適なメンテナンス方法とオイル選びのお手伝いをさせていただきます。

坂道で、力が無くなったので、エンジンに優しいオイルをと探していて、エンジンオイル屋に行き着きました。

 

店長のご指摘通り、プラグを見ると、真っ黒になっていました。プラグを交換し、ケンドール投入後は、まるで別の車になったかのように、グイグイ坂道を上っていきます。

燃費がのびて満足しています。前は、10km/Lていどだったものが、今は12km/Lと2kmLものびています。

 

エンジンも静かになって大満足です。相談前は、10W-30使っていたんですが、相談すると5W-20がいいよって言われ使ってみると正解だったみたいです。

 

 

 

愛車のCBX400Fが煙はきが止まって、ガンガン走るようになってます。

 

下地店長が、カーボンでのリング固着ではないかとのことで、エンジンオイル屋のキャブテックをシリンダー内に投入!カーボンが吹き飛んだのでしょう。

 

煙はきがとまっただけでなく、めちゃ走りが変わってびっくりしています。

どれが自分の車に合っているのか?分からないので、店長の相談後、GT-1 10W-40を入れました。

 

すると、エンジンが静かになって、ボリュームを一段下げて聞けます。

 

私の妻が、(車には全然興味がないのです)この車、静かになった??と聞いてきたぐらいでですから、驚きの静かさです。