オイル上がりを防止する添加剤

 

例えば、今現在10W-30の粘度のエンジンオイルを入れているならば、オイル上がり防止の添加剤は10W-30を10W-40に粘度を向上させる「粘度向上剤」のものが多い。

 

粘度は、ピストンとシリンダーの隙間を埋めるために必要なもので、隙間の大きさに対して、粘度が低いと煙を吐いたり、オイル消費という事がでてくる。

 

摩耗により、大きくなった隙間を埋めるために、20W-50などの高粘度にさらに添加剤を加えると、より粘度が高くなるから、煙はきが止まりやすくなると思う方も出てくるかと思います。

 

この方法だと確かに止まる可能性はありますが、何のオイルに添加するかでも変わります。

耐久性の無いオイルに添加剤を加えると、初めは止まるが、すぐにまた煙を出すことになります。

 

むやみに粘度を上げても意味がないという事です。

大事なのは、耐久性のあるエンジンオイルが必要なのです。

 

オイル交換直後はエンジンも静か・・・でも2000kmも走ると、エンジンノイズが増えてくる。走りが重くなる・・・その様なオイルは粘度が保てなくな合って、メカノイズが増えていくわけで、圧縮を保つために大事な粘度が低下している証拠。

 

圧縮を保てなくなったという事は止まっていた煙がすぐに再発するということ。添加剤さえ入れれば良いというものでは無いようです。どのようなオイルに添加剤を加えると効果的なのかで結果は変わる。

 

添加剤自身の耐久性にも問題

添加剤も消耗品。エンジンの中では撹拌され、分子が切られ、熱せられることになるので、その環境に強い添加剤も必要です。