通常エンジンも10万kmを越えてくると摩耗が進んできます。どの部分の摩耗が進むのかというと、ピストンリング。常に境界潤滑にある部分です。この部分が摩耗してでてくる現象がオイル上がり。

 

リングは摩耗すると、開いてきて、圧縮が漏れ始めます。この隙間だけでなく、リングの後ろ側からも圧縮は漏れ始めることになるのです。

 

圧縮が漏れ始めると

  • 圧縮不足によるパワーダウン!
  • オイルがガソリンと一緒に燃え始め、大量のブローバイガスが発生
  • エンジンオイルがすぐに汚れる。

摩耗してしまったリングは、元には戻りません。ですが、これ以上の摩耗を防ぎ、漏れた圧縮を回復することはある程度可能です。(摩耗限界を超えたエンジンは不可能です)

 

それが、エンジンオイルの粘度なのです。粘度は高くなれば高くなるほど、気密性(圧縮漏れ防止)が高くなり、オイル消費を無くすことができるのです。(摩耗限界を超えたエンジンは不可能です)

 

それだけでなく、エンジンはゴムも使っています。ゴムは熱せられたり、冷やされたりを繰り返すことで柔軟だったゴムは硬くなり、気密性を保てなくなり、オイル漏れを始めます。

バルブシール部分から漏れ始めると、オイル下がりとなって、白い煙を吐き始めます。 こうなってからでは手遅れです。
10万kmを越えたエンジンは専用オイルを使うことで、煙はきやオイル漏れを防止することが可能です。


あなたの愛車は何年物ですか? 走行距離はまだ大丈夫ですか? 10万kmを越えてませんか?


悪くなってからでは遅い!トラブル防止にGT-1、ハイマイレージがおすすめです。

ハイマイレージ
シールマックス配合ハイマイレージ 10W-40をみる>>