ケンドールとは、天然原油から生まれたパラフィン系炭化水素が主成分のエンジンオイルです。 添加剤ではありません。化学合成オイルと比較すると、分子は非常に大きく、冷却性に優れています。

 

配合される添加剤の品質は驚くべき性能を発揮し「低速トルクの増大」「静粛性のアップ」「燃費向上」「冷却性のアップ」「エンジンの摩耗の大幅に減少」「レスポンス向上」が見込めます。

ケンドールはエンジンオイルですから交換は全量交換となります。

快適なドライブ&ライドがあなたを待っています。

バイク使用できます。また使用してのクラッチの滑りはありません。

天然原油から生まれたパラフィン系炭化水素は、化学合成オイルの分子と比較すると、とても大きな分子をしています。分子は小さければ小さいほど、密度が大きくなり、密度が大きくなると、冷却性が落ちていきます。

 

パラフィン系炭化水素は分子が大きく密に出来ていないため、非常に放熱性に高いものになって「エンジンオイルの働き」である、冷却に優れています。

 

この冷却だけは、添加剤で作ることができません。

 

これが鉱物オイルにしか出来ない働きです。

バイク使用できます。また使用してのクラッチの滑りはありません。

エンジンオイルはベースオイル+添加剤で一つの製品として成り立っています。添加剤なしではエンジンオイルにはなり得ないのです。粘度一つとっても各メーカーの添加剤技術で成り立っています。その粘度も2000kmも走ると粘度が保てなくなって、メカノイズが増えたり、清浄分散剤の技術が数千キロで真っ黒になって使えなくなったりと、添加剤の技術の差が大きく出てきています。

ケンドールの粘性は一見サラサラしていますが、ドロドロと粘るのです。このスプーンを勢いよく引き上げると、この粘りは、納豆のように糸を引きます。キラキラを輝くその糸の長さは2mを越えます。非常に粘る特性を持っています。この粘性こそが、金属ににからみつき、失いにくい粘度となっているのです。

 

通常温度が上がると、ドロドロだったものは、サラサラに変化していきますが、この変化がケンドールは少ないのです。少ないからこそ、「エンジンオイルの働き」である、緩衝性でメカノイズが減少し、気密性をアップさせ低速トルクがアップする事が可能なのです。

 

こんな働きをするエンジンオイルは滅多にありません。さらにレーシングオイルとしても特筆すべき性能を発揮します。

バイク使用できます。また使用してのクラッチの滑りはありません。

ケンドールの洗浄性は非常に高く、エンジン内部に汚れが貯まる事がありません。添加剤「MFA」の働きにより、「エンジンオイルの働き」の清浄性を他メーカーとは比較にならないほどの能力を持ちます。

 

汚れはヤスリの役目をして、金属の摩耗を促進させます。その汚れをミクロの大きさまで分散させる事で、油中に浮遊させ、オイル交換と同時にエンジン外に放出されます。この洗浄性が悪いと、右画像のようにスラッジで汚れが溜まっていくわけです。

 

汚れに強いからロングライフオイルとしても高性能なのです。

 

 

バイク使用できます。また使用してのクラッチの滑りはありません。

 


最近ではありますが、純正オイルもロングライフオイルになってきています。しかし、ケンドールは創業当初からロングライフオイルを作っていてその実績は他メーカーとは比較になりません。

 

単にロングに使えるというものでは無く、静粛性、燃費、耐久性、エンジン保護性、どれを取ってもバランスが取れたエンジンオイルです。このようにバランスが取れたエンジンオイルは私が知る限りありません。

 

バイクに使用の場合は1年もしくは1万km以下のロングライフ。(原付等除く)ロングツーリングの強い味方になることでしょう。

バイク使用できます。また使用してのクラッチの滑りはありません。


エンジンの摩耗を防ぐ為に沢山の技術があります。化学合成オイルのに代表される「エステル系」は物理吸着という方法で金属表面に油膜を作りあげますが、パラフィン系鉱物オイルは物理吸着ができません。それ故に金属に吸着させる技術が必要になってきます。

 

ケンドールには液体チタンが配合されています。この液体チタンは、金属面に化学反応を起こし、チタンの膜を作り上げます。これは物理吸着よりも強い吸着を見せるのです。この吸着があるからこそ「コールドスタート」のエンジン摩耗を防ぐ事ができます。

 

私たちが求めるのは軽いレスポンスではなく「愛車を長く楽しむ事。」「大事にすること」ではないでしょうか?

ケンドールを取り扱う整備士は共通してエンジンの保護性が違うと言います。それはエンジンをバラさないとわからない整備士の経験によるものです。

 

バイク使用できます。また使用してのクラッチの滑りはありません。