ジャッキよりもスロープを使うことをおすすめします。

ジャッキは不安定で場所が平面でなければ危険です。

また、ジャッキ使用の場合は必ずウマを使いましょう。

 

オイル受けを用意します。

これに受けた後、廃油ボックスに移し替えます。

これに入れれば、燃えるゴミに出すことが出来ます。

もしくは近くのガソリンスタンドでも廃油処理が可能です。

ほとんど無料もしくは数百円程度です。

 

ドレンボルトをゆるめます。

右回り(時計回り)で締め

左回りでゆるみます。

 

使用する工具はメガネレンチを使用すること。

モンキースパナなどは、ボルトの山をなめます

 

ボルトに合ったサイズを必ず使用すること!

 

ドレンボルトを外すと、オイルが勢いよく出てくるので、注意!

オイル受けに入るようにしてください。

これに失敗すると、掃除が大変です。

作業前に、ビニールシート(遠足などに使う広いシート)を敷いてから作業すると、漏れても安心です。

 

オイルフィルターを外します。

フィルターの取り付け位置が横向きだったり、下向きだったりと車種により違います。

交換前に位置をチェックし、専用工具を用意します。

横向きなどに使用します。
下向きなどに使用します。
届かない場合はエクステンションなどで延長して使います。
 
オイルフィルターを外すと、オイルが出てきます。
 

オイルを塗ります。

必ず塗ってください。塗らないとゴムがひっかかり、漏れることもあります。

 

フィルターの中にオイルを入れます。

取り付け時、こぼれない程度にいれてください。

これで始動時のオイル不足を解消する狙いがあります。

 

締め付けは、工具を使わず手で締めるだけ。

工具を使うと締めすぎる場合があるからです。

手でしっかり締めればOKです。

 

オイルを規定量まで入れます。

入れた後、エンジンを始動します。

スロープから、車を降ろします。

 

始動後、5分ほどして再度オイルレベルを確認して終わりです。

   
 

ミッションオイルは先にドレンボルトではなく、入れ口を確認し、オイルを入れられる状態を確認してからドレンボルトを外すこと。

確認せず、先にドレンボルトを外してしまうと、入れられない状態で作業がストップしてしまうこともあります。

必ず確認をしましょう。